夏の旅のつれづれに

球磨川に沿って帰ります。
今日で夏の旅編は終わり。
帰ってすぐ写真を切り貼りして
7.jpg
お世話になった友人に送りました。

帰りは迂回して

鹿児島方面にぐるりとまわり
白熊を食べたトムテ
久しぶりの桜島に挨拶
2_2014082209173341b.jpg
しみじみ通りすぎました。

おいてけぼりに

まだ島にいる気分で
帰ってきた串木野港
来た時となんだか違って見えます。
3_20140822091734894.jpg
帰港準備お疲れ様です。

大海原途中で

見たのは
絵に描いたような
島。
1_20140822091731064.jpg
お椀島と名づけます。

たちどころに夜が明けて

気が付くと帰りの船が
接岸していました。
夏のはじめも終わりです。
6.jpg
しぶしぶ帰り支度。

やがては沈む太陽に

「夕陽が背中をおしてくる
そんなに押すなあわてるな」
口ずさむトムテです。
8.jpg
しばらくみとれていました。

夏のはじめの夕暮れに

あわてて
鹿の子大橋へ行きました。
なんとかまにあうトムテです。
5.jpg
なんともいい光線の具合。

起きてみるとそうおもいがけず

日中陽射しにやられ
小休止のつもりが
部屋で眠りこけるトムテ
4_2014082209173654b.jpg
起きたら夕方です。

残暑お見舞い申し上げます

この暑さもまだ続く気配
くれぐれもご自愛くださいますよう
お願い申し上げます。
2016921.jpg
トムテはもうひと夏楽しもうと計画中です。

さあてそろそろ

レンタカーで
移動開始です。
とはいえ行く先はすぐそこ
3_20140811232444d6b.jpg
もうすぐ下甑ともつながるそうです。

ほかに見るものもないので

ただただ空と海を
眺めているだけで
心も青く染まるトムテでした。
2_201408112324433f8.jpg
いくつか拾って帰りました。

ただ青く澄んでいるので

トムテはぶつぶついいながら
ストリームライン中
甑の海と空は遠く
1_20140811232442c2f.jpg
なりにけり。日常に埋没中です。

だれもいない海

だれにことわりもなく
ひろがる海は
堂々としたものです。
3_20140808214325f08.jpg
丸石の宝庫です。流木を探します。

もうすこし行くと

引き続き
もう少しひっぱり
その先には
2_20140808214044cc7.jpg
次回全貌があきらかに。

小道を抜けると

緑の小路をゆくと
その先に
トムテが見たものは
1_20140808213809c2a.jpg
なかなか見られぬ光景です。

眺めよい浜

まずは長目の浜で
ご挨拶
トムテも上機嫌です。
1_20140801112542b02.jpg
はるかになまこ池が見えます。

あれに見えるはニューこしき

じょじょにちかずく
ニューこしき
トムテは下船準備中
2_20140801113056271.jpg
いい天気ですが湿気が。