冬の散歩道

山鹿の路地に分け入ると
早朝の朝靄の中で
トムテは歌を口ずさみます。
DSC_0196.jpg
遅い夜明けのはじまりです。

早起きするということ4

再び道は石畳の
森の中をぬけていきます。
DSC_0009.jpg
トムテは「おお我が懐かしき故郷」と
白い息を吐いていました。
早起きのせいで一日が2倍になったげな。

早起きするということ3

8時を少し回った
休日の朝の森の公園の
中を歩き抜けて行きます。
DSC_0008_20141124120252877.jpg
空は快晴。

早起きするということ2

竹林を抜け
朝日に色づく紅葉を横目に
DSC_0003.jpg
冷たくて新しい空気に満ちています。

早起きするということ

おもいがけない
時間に起きだし
外へでました
DSC_0002.jpg
朝の散策のはじまりです。

名残惜しい秋らしさをもとめて

いよいよ肌寒い日々到来
秋の気配を探して
遠出してみたトムテです
DSC_00191.jpg
俵山展望所の西日をかわして